品質・環境への取り組み

品質・環境方針

当社は「開拓の精神で顧客に奉仕する」を経営理念とし、経営基本方針として「顧客第一主義」、「技術と品質でNo.1」
「活気ある職場づくり」、「企業体質の強化」を定めています。
この経営理念を実現し、経営基本方針を具体的に実践する経営活動の一環として、ISO9001、ISO14001のマネージメントシステムを維持更新し、以下を品質・環境方針と定めて事業活動に取り組みます。
 

  1. 顧客第一主義の精神に基づき、顧客満足度の向上を目的に、顧客クレームの低減を図るため、Q:品質、C:コスト、D:デリバリのバランスをとりながら、お客様に満足頂ける製品及びサービスを提供します。
  2. 目標達成に向け、顧客ニーズと期待及び会社の状況を理解して、各責任部門が「設計品質の向上」「工程品質の向上」「部品品質の向上」「市場品質の向上」「コストダウン」「納期遅延の撲滅」を図る為の改善活動を行うものと致します。その改善活動の取り組み施策は、各部門の実行計画に落とし込み、その実現性を定期的に評価し、顧客満足度を含め、その結果に基づく改善のサイクル(PDCA)を確実に回して行きます。
  3. 会社の継続的な発展を図る上では、新しいビジネスを確立していく必要があります。それに伴い、新規のリスクが発生する事も推測できますが、品質・環境マネージメントシステムの見直しにより対応致します。
  4. 当社の事業活動に関する関連法規、条例及びその他要求事項を遵守致します。
  5. 顧客への製品の提案において環境負荷を低減するように配慮し、その設計・製造において、環境に著しい影響を及ぼさない方法を取るように努めます。
  6. 環境に影響する使用禁止物質の含有調査(RoHS、グリーン調達、他)実施により、環境に配慮した製品を提供し、社会貢献に努めます。
    尚、ローヤル電機は、2018年7月22日より、RoHS10物質への対応を致します。
  7. 産業廃棄物の適切な管理、排出削減、リサイクルに努めます。
     

代表取締役社長 佐藤 和義